アンクルン演奏

アンクルン演奏写真

【アンクルンとは】
アンクルン楽器画像アンクルンは、インドネシアの民族楽器で2010年にUNESCOの世界無形文化遺産に登録されました。
竹で作られたアンクルンは、心が癒されるようなやさしい音色で、演奏を楽しむ以外に最近では、音楽療法などにも使われています。

KISでは、1970年からアンクルンを広めてこられた神戸在住の立田雅彦先生の指導のもとKISアンクルンチームを結成しています。

アンクルン楽器画像アンクルンは一人で演奏する方法の他に、楽器をばらばらにして、ハンドベルのように一人が一つの音階を持ち、何人かで合奏する方法があります。KISでは、両方のやり方でアンクルンを楽しみながら、いろんな曲に挑戦しています。

 

【メンバー募集】
アンクルン演奏の様子 KISでは一緒にアンクルンの演奏を楽しむ仲間を募集しています。
KIS会員でない方も、小学生、中学生の方も歓迎です。是非ともご参加いただき、たくさんの方にアンクルンの音色を経験していただきたいと思います。
ご興味のある方はお問合せよりご連絡ください。

【定期練習会・演奏会】
アンクルン練習の様子 KISアンクルンは、毎月1回練習を行っています。
また、在大阪インドネシア総領事館、神戸大学を中心としたインドネシア留学生と連携しながら、アンクルン演奏イベントを企画・参加しています。

【練習会場】
主会場  :げんえいかい会館(JR元町駅 南)
      神戸市中央区元町通1-8-12
       (練習内容により会場の変更あり)
      毎月1回 第1木曜日 13:00-16:00
年会費  :7000円(但し、KIS本部年会費を含む)
見学参加費:1回500円


Copyright © Kobe Indonesia Society All right reserved.